topimage

2017-10

一気に片付く--3 - 2016.03.19 Sat


つづいて、育苗編。

17日に我が農園の第3陣苗が届いて即日鉢上げ。
共同育苗ハウスでの鉢上げは、予定の7,600本余り完了となりました。

写真は12日、鉢上げ3日目の第2陣の苗たち。
20160312_第2陣苗の様子
いい感じ。



それまでの流れをひとつ。

9日、ちょっと風がある日で、ハウスのポリの展張作業が厳しそうだったので、研修中のK原さんを伴って、共同育苗ハウスで土詰め作業。
20160309_第3陣土詰め

鉢上げとは・・・セル苗を育苗ポットに植え替える作業のこと。
で、鉢上げするには、育苗ポットに予め土を詰めて置く。
今回は第1陣だけ手詰めして、第2陣と第3陣はスピードポッターという土詰め器具をお借りして準備しました。

格子状の金網が付いた枠に育苗ポットを13×8列分並べた上に、穴あきプラスチックボードを置いて、その上に培土を山盛りにおいて穴の中に落としてポットに土を満たします。

で、プラスチックボードを取外し、型枠を上に抜き取ると、土が満杯のポットが型枠通りに並んでいると・・・こういった仕掛け。

スピードは手詰めに比べて圧倒的。
ただし、詰める時の手加減はあまりできない。
土の締まり方にこだわる場合は手詰めになる。

手詰めと器械詰め、果たして育苗に与える影響は?


で、この日の分3,300鉢ほどを5時間半で終わる。
写真奥がそれ。パレット20枚分。手前は翌10日の鉢上げを待つ第2陣のポット。水分も調整して待ち構えてる(笑)
20160309_育苗ハウス土詰め完了

共同育苗ハウスでの灌水は簡単。
水温はボイラの設定で調整できる。
バルブで水の勢いと、装置全体の移動スピード調整、この2つの要素で灌水量を調整する。
ただ、噴出ノズルの取付その他の都合、必ずしも均一にかからないので、現場でのクセを理解する必要がある。
最終的には人の手で過不足を調整することになる。
20160307_灌水風景

10日、第2陣の鉢上げの様子。
水分調整したポットに予め植穴を開け、そこにプラグ苗を差し込むようにして植える。
20160310_第2陣鉢上げ

育苗ハウス内もフルに苗が入り、壮観。
20160313_灌水後
手前第1陣に灌水直後の図。


こうして、除雪&ハウス準備と並行して、育苗作業を行ってきた。
これから、畑の準備が整い、苗が植え頃を迎えるまでの約30~45日、毎日お世話に走るのだ。

外の体育実技が一旦片付いたので、計画の細かな調整やら、畑準備に向けての段取りをボチボチ進めますか。









外は春めいてきて、そわそわするトム。
最近、ウチにどこぞのニャンコさんがやってくるので、脱力しながらも監視中。
20160313_監視中

相変わらず、籠の中のソラは健気。



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://windof15line.blog49.fc2.com/tb.php/512-3e3694e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

土とタワムル «  | BLOG TOP |  » 一気に片付く--2

プロフィール

コージ

Author:コージ
2010年4月、道北の下川町で新規就農した元サラリーマンの日記。
ハウスでトマト・青ネギを、露地でグリーンアスパラを作っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
農作業 (119)
地域 (15)
ペット (23)
出来事 (13)
旅行 (24)
イベント (22)
くらし (36)
四季・自然 (63)
コンサドーレ (20)
ごあいさつ (7)
トマト (174)
新規就農 (5)
限定 (1)
アスパラガス (4)
青ネギ (4)
本 (1)
パソコン (4)
緑肥 (1)
おみやげ (1)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR