topimage

2017-11

15線の嵐 - 2015.10.06 Tue

先日の嵐は過ぎ、ホッと一息。
ハウスの扉が外れたとか、ハウスバンドが何本か切れたとか、そんな程度で済んで良かった我が農園。

近所では、ハウスの倒壊・変形・農POの破れ、あるいは倒壊防止のために農POを切り落としたなんていうのが結構あり、他にもトタン屋根がはがれたりと、タダでは済まない被害が散見されます。

ハウス農家にとってハウスが潰れちゃうっていうのは、本当に恐ろしい。
まず、後片付けと復旧を考えると本当に具合が悪い。
もう少しで収穫も終わろうかと言うこの時期に、最後の追い込みもかなわず、売り上げ減に加えて復旧費用がかさむ。
さらに、復旧が遅れれば、来年の作付けにも影響する。

被害に遭った方々にはお見舞い申し上げます。


暴風のせいで、木々の葉もかなり吹き飛ばされました。
河川敷の白樺も幹が目立っちゃってますナ。
20151005_白樺の幹が目立つ

ハウスが揺れていたせいで、トマトが落果してました。
そういえば、道内でもリンゴなどの果樹農家さんも大変でしたナ。
20151003_9番ハウス





就農前の話。

2009年に移住して、1か月半ほどたった5月18日のこと。事件が起きました。
研修2年目で、午前中M好さんの圃場で作業して帰ってきたお昼休み。
ご近所から電話が・・・

「裏の納屋の屋根、飛んでるぞ」
20090518_納屋のトタン屋根剥がれる
なぬ! 見に行ったら写真の通り。
風上側から順番にめくれ上がって、畑に散乱しておりました。
M好さん宅は山影になっているので風の影響があまりなく、たいして意識もしていなかったけど、15線付近は確かに強風が吹いていたのです。
当時の天気図。(クリックで拡大)
20090518-19_天気図
やっぱり、今回と激似。


この日、午後の研修を休みにしてもらって、ため息ばかり付いてましたナ。
風がなかなか衰えなかったので、新たにトタンが飛んでも怖いし、治まるのを待ってたら、研修先のK子さんがわざわざ様子を見に来てくれ、アブナイよって言ってるのに、畑の中のトタンを集めてくれたりして・・・すっかり助けてもらいました。

まだ、ハウスの建設前の話。
当初、この納屋を生かしておく予定だったので、一応トタン張り替えの見積もりをしたら、70~80万円かかるとの話。
就農前で使ってもいない納屋・・・他にも結構痛みが来てるのに、屋根だけにそんなお金使えない。

町と相談して、納屋を潰すことになり、ハウスのレイアウトも現在の形に変わりました。
納屋は近所の大工さんにお願いして解体し、使える材料を残してもらって、翌年、母屋につなげる形でトラクターが収まる格納庫に生まれ変わりました。格安で請け負ってくれて、大いに助けられました。


あの風が吹かなければ・・・ハウスのレイアウトも異なり、格納庫もない。
今考えても、結果オーライというか、風のおかげでかえって良くなったと思えるのです。
しかも、地域の皆さんにもいろんな形で支えてもらって。

ウチのあたりは平地で、一旦吹けば風当たりは強い場所。
今回のように、ハウス倒壊に怯えたり、冬場は吹き溜まりで苦労したりですが、考えようによっては、ハウスの換気も順調に行く訳だし、悪いことばかりじゃない。


15線の風というタイトル、実はこの事件の衝撃から付いたのでした。
北海道の爽やかな風をイメージしていた方、ごめんなさいね(笑)




スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://windof15line.blog49.fc2.com/tb.php/486-52051e08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

茗荷の花 «  | BLOG TOP |  » 爆弾低気圧

プロフィール

コージ

Author:コージ
2010年4月、道北の下川町で新規就農した元サラリーマンの日記。
ハウスでトマト・青ネギを、露地でグリーンアスパラを作っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
農作業 (119)
地域 (15)
ペット (23)
出来事 (13)
旅行 (24)
イベント (22)
くらし (36)
四季・自然 (63)
コンサドーレ (20)
ごあいさつ (7)
トマト (174)
新規就農 (6)
限定 (1)
アスパラガス (4)
青ネギ (4)
本 (1)
パソコン (4)
緑肥 (1)
おみやげ (1)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR