topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大ちゃん1周忌 - 2015.06.02 Tue


20100420_くまごろー
大ちゃんが死んでから1年経った。


去年は毎日ギフトくんシリーズをアップしていながらも、大ちゃん追悼ブログは書けずじまい。
過去の写真を引っ張り出して集めているうちに、だんだん重たくなった。
いくらなんでも、けじめをつけようと思って1周忌のタイミングで。


上名寄に移住した2009年の春、せっかく飼える環境だし、犬を飼おうということになった。
自分の子供の頃は、雑種を外飼いでというのが普通だったので、その感覚で保健所に希望を出しておいた。

子供が寂しがるので夏に小鳥、秋になって家にネズミが出たので猫と、保健所から全く連絡がなかったので、忘れられてるのかなと勝手に解釈して(笑)、先に飼ってしまった。

11月の中旬になって保健所から連絡があり、紹介されたのが大ちゃんだった。
直ぐに殺処分にはならないけれど、飼い主が見つからなければ、やっぱり殺されるんだろうなと言うこともあり、その後1週間家族で相談を重ねた結果、一応見に行って決めることにした。
でもって、見に行ったら飼うことに(笑)
20091130_保健所で

何のことはない、1週間の検討とか言って、家族内の空気としてはほとんど飼う方向だったワな(笑)

その大ちゃんは、食って、寝て、散歩して、出して(笑)
その他は腹が減った時ぐらいにしか吠えることもなく、比較的扱い易かったのだが、前に他人に飼われていたせいなのか、人に絡んで喜んだり、名前を呼んだら走ってくるとか、お手やお座りなんかの芸はさっぱり(笑)
20091203_雪の中の大ちゃん
本当に、人に懐いているというよりは、エサに懐いている感じで、用事が済んだら小屋に入ってしまうそっけなさが特徴でもありました。
そのせいで、我が家ではウ○コ製造機とか、残飯処理機など、酷いあだ名もあったりして(笑)

オスだったし、散歩のときは黙ってくっ付いて歩けばどこまでも行く感じ。
20091203_大ちゃんでーす

引っ張る力も強く、カミさんなんかは、うっかりしていると転ばされたりしてましたナ。
20091204_大ちゃん

冬場は朝晩2回、
20100130_お散歩大ちゃん

忙しい夏場も1回は散歩に連れ出しました。
20100501_お散歩中

このころはまだ小屋も新しい。
20100503_新居がまぶしい

ご主人は、昭和レトロな建築物にいるというのに(笑)
20100617_暇な大ちゃん

日々平和に暮らしていたと思うな。
20100807_トムと大ちゃん

毛艶も悪くないし。
20101006_秋の日を浴びる大ちゃん

マイナス20℃以下でも平気な奴だったのです。
20101214_1年後

耳の周りの冬毛なんかは、厚手の毛布な感じ。
20101214_飼って1年後

氷の張った水を鼻で割って飲んでたな。
20110127_食事中

そんな大ちゃんも2冬目に入ってから、甲状腺機能低下の病気にかかり、毎日甲状腺ホルモン成分を補給する薬を飲むことになった。
元気でいたのは飼い始めてから1年と2か月。


病気になってからの方が長かった。
2012年の1月末頃以降の顛末は拙ブログの過去ネタからいくつか出てきます。

一度、首輪を自分で外して脱走。
一晩帰らず、こりゃもう二度と会えないかもと思ったら、帰って来てた事件があった。世に言う「大脱走事件」

この時、普段エサにしか懐いてないくせに、帰ってきたのが妙に嬉しかったっけ。
自分の家だと思ってるんだなと。



その後、病状が徐々に悪くなり、後ろ足が弱くなってだんだん哀れな姿に・・・
そんな姿ばかり見てたから、最初の頃の写真は妙に若々しく感じるもんです。


去年の4月末の大ちゃん。
病気になって以降、新しい毛がほとんど生えて来ず、抜ける一方。
エサは普通に食べてたけど、それ以上に水ばかり飲んで、腹はぽっちゃりだし。
20140430_よたよた歩く大ちゃん

暖かいとき以外は、玄関特設スペースにいることが多くなりました。
20140430_春になって本宅に戻った大ちゃん





死ぬ前の1週間はあちこち痛いのか、のべつ啼いて訴えてたけど、一応医者にもかかってたし、これ以上はしょうがないと腹をくくってました。
それでも、近づいて撫でてやれば安心するのか、啼き止んでたっけ。

そして、丁度1年前、アスパラを採りに行く前に頭を撫でたのが最後でした。
ひと仕事終え、大ちゃんの小屋の方に視線を移すと、眠るように横たわり、呼吸が止まっているのが分かりました。
6月にしては珍しい暑さになったその日は30℃を越えました。


汗だくで掘った墓穴に入り、いつも食べていた餌と一緒に、ナナカマドの木の根元に眠っています。
今でも、何となくこの辺りを通れば名前を呼んだりしちゃうんだよね。
生き物を飼う喜びも悲しみも教えてくれた大ちゃん、ありがとう。
20140602_大ちゃんのお墓の前で
奇しくも、3枚目の写真とほぼ同じ位置なのだ。

合掌。






スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://windof15line.blog49.fc2.com/tb.php/418-a4c63fd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

全力吊りモード «  | BLOG TOP |  » トマト苗たち

プロフィール

コージ

Author:コージ
2010年4月、道北の下川町で新規就農した元サラリーマンの日記。
ハウスでトマト・青ネギを、露地でグリーンアスパラを作っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
農作業 (119)
地域 (15)
ペット (23)
出来事 (13)
旅行 (24)
イベント (22)
くらし (36)
四季・自然 (62)
コンサドーレ (20)
ごあいさつ (7)
トマト (174)
新規就農 (5)
限定 (1)
アスパラガス (4)
青ネギ (4)
本 (1)
パソコン (4)
緑肥 (1)
おみやげ (1)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。