topimage

2017-04

時速2.5m - 2010.05.13 Thu


更新が滞って大変申し訳ありません。
日記と言いながら週記?のようになっちゃってます。

この間はさすがに忙しモードに突入してまして、
風呂、夕食の後は知らず知らずのうちに眠ってしまい、
更新ままならずの毎日でした。

この一週間、3月6日に定植した4番ハウスのトマトと
4月28~29日に定植した1番、2番ハウスのトマト関連の
作業に忙殺されております。

◆まず5月6日(木)から、
 前回のエントリで書きましたが、4番ハウスのトマトがトンネル支柱の高さを超え始めているので早急に上から吊り直す必要がありました。
2m30cmの支柱を立てて吊る仕掛けで行こうと決めて、何本か打ち込み始めていたところに、おととし研修させていただいたF原さんがたまたま見に来てくれて、
「早い時期からやってるから(トマトの丈が伸びるので)、その支柱では足りなくなって上がぐちゃぐちゃになっちゃうよ」と軽く言われてしまい、大ピンチ。

F原さん曰く、「2重ハウスのパイプを外のハウスのパイプからバンドで吊るして補強すれば大丈夫だよ」
この一言で、あっさり仕掛けを変更。2重ハウスのパイプを利用して吊る方法にしました。

この方法は以前検討していたのですが、パイプが2m間隔で弱いため、それだけではトマトを支えきれません。
これ以上補強資材を取り付けるなど、ハウスにお金をかけるわけにもいかないので、こりゃダメだなと思っていたのでした。

ハウスバンドで吊るすだけなら、余った資材があるのでお金もかからず助かります。
そうと決まって早速取り掛かりました。

20100506_補強作業中
かなりの高さなので、高い脚立での作業が続きました。
外のハウスの中心から中の2重ハウスの中心をハウスバンドという引っ張り強度の強い紐で吊るします。その後、トマトの列の真上に2重ハウスのパイプ同志をつなぐようにバンドを張って行きます。
この日は右2列分張って終了。

◆5月7日(金)
 前日のつづきを延々とやり、夕方にようやく終了。
20100507_誘引用バンド取付完了
カミさんは4月28~29日に植えたトマトの誘引作業。

◆5月8日(土)
 ようやく、トマトの再誘引に取り掛かる。
20100509_トマト誘引作業中
これが、とにかく時間がかかるんです。
それまでトンネル支柱に吊っていましたが、そこからひもをはずして、不足するひもを延長して脚立に乗って前日支度した誘引用のバンドに吊り直します。
たったこれだけのことが、時速2.5mだったのです。
株間(ひと株ひと株の間隔)を詰め気味で、吊る本数が多いので手間取りまくりです。
20100510_中ベッド誘引完了
結局真ん中のベッド2列分に、8、9、10日と一人で延べ20時間ほどかかってしまいました。
50m÷20時間=2.5m/時間

20100510_何番にする?
手っ取り早く、おにぎりの昼食。

私   :「何番食べる?」
カミさん:「・・・」
私   :「1とか2とか番号付いてんじゃん」
カミさん:「ハァ?」
私   :「これ違うの」
カミさん:「中身が分かるように塩コンブくっつけてあっただけだよー」

・・・・・どうやら偶然数字に見えたみたいです。

◆5月11日(火)
 前日の続き。延々と。
カミさん2番ハウスの誘引終わり、4番ハウスに合流。
部品が届いたので、誘引はカミさんに任せて、夕方1番ハウス用灌水パイプ制作に取り掛かる。

◆5月12日(水)
 以前のエントリにも書いたトマトハウス用の灌水パイプを塩ビ管などの部材を使って作る。
ウチは井戸ポンプからの水がハウスの中央から出てくるようになっているため、ハウスの妻面両端に向かって水が流れるようにします。
ハウスの端から出るようにすると末端までおよそ60mにもなってしまい、十分な水量が確保できずに灌水ムラの原因になるためです。
ただし、作りが少々複雑になり、部品数も増えて面倒です。

20100512_No.1用灌水パイプ完成
トマトは高畝にしているのでその分高くしています。まわりがごちゃごちゃしいのは御愛嬌ということで。
一つのベッドに2本の灌水チューブを埋設するので、ベッド3列分と真ん中から前後に向けてで
合計 2×3×2=12個のバルブが必要になります。
そこまで細かく水を制御することがあるかもしれないので・・・

ともあれ、ほぼ1日がかりで1本完成させました。

◆5月13日(木)
 朝から1番ハウスに灌水パイプを埋設する作業。
せっかくのマルチも切り裂かれて、苗の一部も一度引き抜かれてしまいました。
20100513_灌水パイプ埋設中

作業自体は割と順調に進み、昼までに井戸ポンプの試運転までやり、午後から後始末の作業をして、3時30分ごろ完成しました。
これで水やりに2時間もかからなくなるぞ~(1番ハウスだけは)

このあと、先輩農家のH田さん宅へ行って、青ネギの播種に使う道具一式を借り、さらにS藤さん宅にて青ネギ育苗用トレーをいただいてまいりました。
この後暗くなるまで2番ハウス用パイプの制作に掛かりました。
カミさんは今日も1日中4番ハウスのトマト誘引作業に張り付きでした。

夕食後、誘引作業をしやすいような脚立やら、食材やらを調達しに名寄まで出かけたところ、ウチの前に新規就農した先輩のトマト氏&Asakoさん夫妻とバッタリ。(このブログにもリンクさせてもらっている「北海道発 真っ赤なトマト」のblog主さんでもありまして、いつもお世話になっているのです。)
「この時間でないと出られないショ」なんて、流暢な北海道弁で声をかけられました。(もともと東京の人なのに…)

最近の生活は本当にこんな感じ。仕事は何事も時速2.5mでなかなかはかどらず。
更新の遅れはどうかご容赦くださいませ。
弁解か!
スポンサーサイト

● COMMENT ●

No title

 灌水設備の設置等お疲れ様でした。

 うちのハウスも60mだけど何とか4本端からいけてるよ~。エンジンポンプに40mmだからだと思うけど・・・。畑地帯と違ってパイプラインじゃないからガソリンを使ってます。
 あ、たぶん4間ハウスの6本なら50mmでないと押せないかも・・・後はチューブの問題ですよね。今日は大潮なので水やってきます。

書き込みありがとう

Oosumifarmさんへ

そちらも、ちょうど灌水設備設置したようですね。

ウチのハウスは去年研修させてもらった農家さんの助言で中央に灌水パイプを立ち上げることになったんだけど、トラクターで起こすときにちょっと邪魔だったり、灌水設備のつくりが複雑になること、また、作物の列が真ん中で途切れるなどの不都合があります。

マア、植物に必要な量の水を与えられて、かつ故障しなければいいんだけどね。

去年のキヌサヤのときもスミチューブ果菜用を使ったんだけど、最初圧力が強めかもねと言われて、インバーターで少し落としてやってたんで、ことしのパイプはどうなるか・・・ です。

No title

 いやー、頑張ってますね、たいへんな作業お疲れさまでした。まだ先は長いから身体をこわさないようにね。

No title

お疲れ様です。。
いや~読むだけで相当大変な雰囲気が伝わってきます。

心身ともに無理しないで下さいね。

ブログは重荷にならないように、息抜き程度に考えて気ままでいいと思いますよ~

いつもありがとうございます

トマトさんへ

定植お疲れ様でした。
こちらも、体壊さない程度でやります。細く長くってやつですかね。

今日は天気がいいですね。
いつもより早くシルバーはがしてきました。
今朝3:00ごろ温度が低かったので、暖房入れましたよ。
2時間で消したけど・・・

気遣いありがとです

korchinさんへ

よく考えてみると、このブログ読むとすごく大変そうに感じるよね。
ちょっと反省。
確かにやること詰まって大変な部分もあるけど、
結構楽しみながらやってる部分もあるよ。

サラリーマンだって一緒だよね。
今は自分でやってるから、ストレスfreeですワ。




サーモスタット

 あれ、サーモスタットなかった ?今朝は霧だけど冷えたねー。

Re:サーモスタット

トマトさんへ

早速どうもです。
ジェットヒーター入れてるハウスはサーモつけてて、シルバーもかけてるから全く問題ないんだけど・・・

ペレット暖房の方が手動なんです。・゚・(ノД`)・゚・。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://windof15line.blog49.fc2.com/tb.php/4-c5fba7a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

雪の力 «  | BLOG TOP |  » 上名寄15線

プロフィール

コージ

Author:コージ
2010年4月、道北の下川町で新規就農した元サラリーマンの日記。
ハウスでトマト・青ネギを、露地でグリーンアスパラを作っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
農作業 (117)
地域 (15)
ペット (23)
出来事 (13)
旅行 (24)
イベント (22)
くらし (36)
四季・自然 (62)
コンサドーレ (20)
ごあいさつ (7)
トマト (174)
新規就農 (5)
限定 (1)
アスパラガス (4)
青ネギ (4)
本 (1)
パソコン (4)
緑肥 (1)
おみやげ (1)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR