topimage

2017-06

井戸掘り1 - 2014.09.07 Sun


以前から、新規就農についてのあれこれをまとめようと思っていたのですが、経営が軌道に乗ってないうちに、さもさものように書くのもナ~、ということで、抑えておりました。

2010年春の就農から5年目、2008年の研修からだと早7年目に入り、何とか生き延びている訳だし、就農を考えている方に向けて、何某かの参考になることもあろうかと、少しずつ新規就農カテゴリの記事をアップしていこうかと思います。



今回は、井戸の話。
施設農業をやるうえでは、水道代がかからない井戸は不可欠。
国の事業に乗っかっての農地全体の工事の一部なので、井戸掘りや灌水パイプ埋設にかかった費用は分からないのですが、果たしてどんな工事をするのか・・・



2009年の7月6日のこと。

朝から1時間余り。あっという間に大型バックホーでこれだけ掘られました。
およそ7mは掘っています。
ちなみに、下川で井戸掘りと言えばのG藤さんに依頼。
20090706_井戸掘り1

土管1本埋めるためにこれだけ大掛かりになるとは思ってもいませんでした。
掘る範囲が狭いと周りから崩れてしまうので結果このぐらいになるようですね。
こうしてみると、ウチの庭のあたりは作土層がかなり分厚い。
ここを畑にしたいぐらいだワ(笑)
20090706_井戸掘り2

3m弱の作土層の下は砂と砂利の層で全然色が違う。
20090706_井戸掘り3

砂利の層から結構な勢いで水が出ました。
地面の下に、普段は意識しない水の流れがあることを実感。
20090706_井戸掘り4


水が出た後は、泥水を汲み出すためにポンプを入れ、ホースで排水路に流します。
20090706_井戸掘り5


バックホーの先の砂利がずり落ちるので、トラフの余りを堤防代わりにして、砂利が落ちてくるのを防ぎます。
20090706_井戸掘り6

一番下にあちこちに穴をあけた土管をセット。この穴から水が土管に入る仕掛けです。
20090706_井戸掘り7


その後は、粒の大きい砂利を土管の周りに順次投入。
大きなバケットを自在に操るのはさすがですナ。
[広告 ] VPS



土管の周りが隠れるぐらいに砂利が投入されました。
泥が入りにくくなるようにしているのでしょうね。
砂利の範囲が周りからの水で満たされているので、今まで長時間使っても、水が枯れたことはありません。
周りから結構な勢いで水が流れ込んでいるのが分かります。

[広告 ] VPS


この間もずっと、排水継続中。

長くなるのでこのつづきは、また今度ということで。





スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://windof15line.blog49.fc2.com/tb.php/286-53e73aa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ギフトくん114 中秋の名月 «  | BLOG TOP |  » ギフトくん113 雨降り

プロフィール

コージ

Author:コージ
2010年4月、道北の下川町で新規就農した元サラリーマンの日記。
ハウスでトマト・青ネギを、露地でグリーンアスパラを作っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
農作業 (119)
地域 (15)
ペット (23)
出来事 (13)
旅行 (24)
イベント (22)
くらし (36)
四季・自然 (62)
コンサドーレ (20)
ごあいさつ (7)
トマト (174)
新規就農 (5)
限定 (1)
アスパラガス (4)
青ネギ (4)
本 (1)
パソコン (4)
緑肥 (1)
おみやげ (1)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR