topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギフトくん78 井戸改修 - 2014.08.03 Sun

今日も28℃まで上がった下川。
ほぼ安定して推移したこの週。
明日から雨マークが出てますよ~。



改めまして、ギフトです。
20140803_ギフト
遅いのが取り柄?のおらっちだけど、
2段目に2個付いてたのに、親方の不注意で1個ポロッと取れちゃったよ。
4段目の大きい玉も尻腐れが目立ってきたし・・・


ここは忍耐のしどころだね。


親方は今日もあんまり仕事してなかったナ。
何だか、土木工事屋さんに変身してたみたい(笑)










今朝は、昨日の刺さない針治療が効いたのか、痛み止め薬が切れているのに、ごく軽い頭痛で済みました。
そのうち頭痛も忘れるぐらいになったのですが、仕事のペースはまだ6割程度に抑えています。


さて、頭痛が始まる前日まで準備をしていた井戸の改修工事。

ウチの井戸、井戸掘り屋さんが準備してた土管の長さに比べて少し掘り過ぎて、地面からせいぜい20cmぐらいしか外に出ない格好になってました。そのため、その上に一回り大きい径の土管を上に載せた形になっています。
しかも、パイプを通すためにわざわざ上の部分を20cmぐらい斫(はつ)ってあったため、一番低いこの部分が地面とほぼ同じ高さになっていたのです。

申し訳ないけど、この工事はずさんでした。水が出ればよいという訳ではないでしょ。

最初の年は埋め戻した土も盛った状態で沈んでなかったので、問題なかったのですが、土が締まった2年目から、強い雨が降って地面に水が浮くようになると、一番低いところから泥水が井戸の中に流れ込むようになってしまいました。

汚水が入るたびに、末端のバルブから1時間ぐらい放水して、水がきれいになってから使うという、最初の工事がしっかりしていれば、全くやる必要のない無駄をし続けてきました。


いままで、なかなか修理をすることが出来ず、今年こそはと・・・
20140803_井戸工事中1
写真の下の土管は内径80cm。その上は90cm。組み合わせるなら同じ径でないと意味ないでしょうにね。
そもそもこれ自体が論外(笑)

井戸に宙吊りでは作業できないので、足場になる踏み板をこしらえたまでが、頭痛前までの仕事。



明日から雨予報なので、今日中に何とかしようということで、早速やりましたよ。

まず、土管のRに合わせて、下の土管を鉄板で挟み込む形で型枠を作りました。
内側は鉄板を直管3本で支持。
20140803_井戸工事中2
後はセメントに小砂利と砂を混ぜてコンクリートにして、流し込みました。
Marioさんご指導ありがとうございます。

コンクリートが固まれば出来上がりですが、水が入らぬようにきちっと固まっているかは、まだ定かではありません。何せシロートなもんで(笑)
明日が楽しみ。


たったこれだけのことでも、正味4時間はかかってます。
材料切り出したりなんだりしていれば、しょうがないね。

今までヒマな時期は寒過ぎたり、雨が多くてやる気がせず。
コンクリートがすぐ固まるような暖かい時期には、こんな時間がなかなか取れなかったのです。

頭痛のおかげかね。







スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://windof15line.blog49.fc2.com/tb.php/284-4b3377d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ギフトくん79 ほか «  | BLOG TOP |  » 麦稈ロールできあがり

プロフィール

コージ

Author:コージ
2010年4月、道北の下川町で新規就農した元サラリーマンの日記。
ハウスでトマト・青ネギを、露地でグリーンアスパラを作っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
農作業 (119)
地域 (15)
ペット (23)
出来事 (13)
旅行 (24)
イベント (22)
くらし (36)
四季・自然 (62)
コンサドーレ (20)
ごあいさつ (7)
トマト (174)
新規就農 (5)
限定 (1)
アスパラガス (4)
青ネギ (4)
本 (1)
パソコン (4)
緑肥 (1)
おみやげ (1)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。