topimage

2017-11

朱鞠内大漁会 - 2012.02.13 Mon


20120211_朱鞠内湖を後に
11日、青年部の面々12名ほどで、朱鞠内湖に出かけました。
青年というにはおこがましいオヤジが約1名混じっておりましたが、みなさんウザがらず、優しく受け入れてくれました(笑)

当日は ↓ のようなさむ~い1日。わざわざ朝の7時過ぎから夕方4時まで湖上の人に。
20120211_朱鞠内




この時期の朱鞠内湖と言えば氷上ワカサギ釣り
折しも、NHKの昼の番組で放送があった直後。放送を見た見た!という方も相当数いらっしゃることでしょう。


7時過ぎに現地到着。
漁協管理棟で入漁料(1人1,000円)と駐車料金(1台300円)を支払って駐車場へ。

車からいろいろな装備を降ろし、駐車場の目の前よりは釣れる確率の高そうな場所へ10分少々歩く。
言いだしっぺのT口クン、テントその他大型の装備を運搬するので大きなスノーボート(そり)も持参。流石!準備がいい。

湖面は結氷し、その上にかなり積雪しているものの、スノーモービル等であらかじめ道ができているのでさほど苦ではない。



目的の釣り場に到着。
まず、積もっている雪をテントより一回り大きくハネて、
20120211_釣り場到着

長い専用のドリルで釣り穴を開け、テントを設営。
この時期は市販のアイスドリルでは貫通しないほど氷が厚いので、朱鞠内仕様のドリルなんだとか。
確かに長かった。
20120211_氷に穴開け

3つのグループに分かれてそれぞれスタート。
何だかんだで、着いてから1時間以上たってようやく参戦。
20120211_仕掛けを準備


8人用テントを4人で使ったので、広く快適。
しかし、それなりに準備していったものの足が冷たい。
この時期、ガソリンやガスのストーブは必須だね。
20110211_テント内
何しろ人生初体験。
釣りなんだかテグスの絡まりをほどいてるんだか、サッパリ分からない時間もあったが釣果は20匹ほど。とりあえず一ケタでなくて良かったことにしておこう・・・かな。


同じテントのY本クン(彼も初体験)が何と100匹! T口クンは50匹、T田クンは30匹。みんな中々ですナ。
他のグループのくわしい様子は不明。とりあえず、まずまずの釣果だったよう。
M島クンが昼にテンプラにしてふるまってくれたりして、大満足。
午前11時くらいまでにあらかた釣れて、その後は徐々にアタリがなくなってフェイドアウトって感じ。
20120211_ひたすら待つ


いや~、それにしても失敗。
肝心のワカサギの写真を撮ってないし~。

それだけおじさんが子供のように夢中になってたってことで、空気を読んで下さいまし・・・


夕方4時で営業終了なので、3時過ぎに片づけ開始。程よい時間に解散となりました。


帰る道々沿道の雪深さを実感。
下川が90cm超のところ、ここいらは220cmと2倍以上多い。
まさに北海道の豪雪地帯。下川から小1時間の距離だと言うのにね。
20120211_いかにも冬山の風情

除雪で大幅に狭くなった山間の道を抜け、名寄盆地に出る。
空間の広さに何かホッとするね。
20120211_ほっとする名寄盆地



それにしても大の男が10人以上、厳寒の北海道でこんなスケールの大きな(笑)釣りに一喜一憂している姿は見方によっては滑稽。
しかし・・・なんだかまた行きたくなる不思議な魅力。

ちなみに現地の様子はこちら→朱鞠内湖の釣り情報がホット!!
ご参考までに。





スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://windof15line.blog49.fc2.com/tb.php/109-27629b33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

嵐のあと «  | BLOG TOP |  » 厳寒ですな~

プロフィール

コージ

Author:コージ
2010年4月、道北の下川町で新規就農した元サラリーマンの日記。
ハウスでトマト・青ネギを、露地でグリーンアスパラを作っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
農作業 (119)
地域 (15)
ペット (23)
出来事 (13)
旅行 (24)
イベント (22)
くらし (36)
四季・自然 (63)
コンサドーレ (20)
ごあいさつ (7)
トマト (174)
新規就農 (6)
限定 (1)
アスパラガス (4)
青ネギ (4)
本 (1)
パソコン (4)
緑肥 (1)
おみやげ (1)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR