topimage

2013-02

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青年部研修 - 2013.02.28 Thu


昨日、暖かで風も弱かったので、除雪後にハウス2棟ビニールを下ろしたので体バキバキ。
今日は体育はやめて内勤です(笑)




もう1か月前のネタですが…
写真だけ別にそろえてあったんだけど、なかなかアップできず。


1月31日、青果振興会青年部と農協職員、役場若手職員の14名が参加して冬季研修会へ。
今回は滝川のホクレン種苗センターと札幌のホクレン青果を訪問。

20130131_苗生産施設9

ドライバーのN瀬くん、深川ICで降りる予定を通過。結局、深川西ICで降りて、予定外の深川市内へ。
車3台別に動いていたので、集合場所の深川道の駅へ。
昼食タイム。釜飯がうまそうだったんだけど、石焼きカレーにしたところ、熱くてなかなか食べられず。
ご飯はうまいんだけど、無駄に熱すぎです。一応言っとかないと…
20130131_深川市内 20130131_深川道の駅にて食事 20130131_滝川道の駅で待ち合わせ

滝川道の駅でホクレン種苗センター職員と待ち合わせして、初日メインの訪問先へ。
20130131_ホクレン種苗生産センターへ
うちら下川の農家は、ここの施設で生産されたトマトやアスパラの苗を購入して生計を立てている身。今まで納品される苗を何気なく使ってましたが、どんなところでどのように苗が作られているかは他人事ではありません。

会議室で施設の概要説明を受ける。
20130131_管理研究棟会議室
拍子抜けするほど、建物は小さいと思ったのですが、
下のパンフによると、我々が入ったのはオレンジ色の矢印の先の管理研究棟(笑)
ホクレン種苗生産センターパンフ
敷地はこの航空写真の下半分だから広大。

この施設はもともと北海道の施設で、主要農作物・畑作物の※原原種の生産施設だったのを、民間移行されたのだそうで、担当の方曰く、大赤字だそうです。
遺伝的特性が失われないように品質管理されながら生産された種苗

ほかに、プラグ苗生産・ゆり根原種増殖、水稲種子調製などの各事業を行っており、うちらはプラグ苗のお世話になっている訳です。




ひととおり説明を受けた後、赤い矢印の先の5棟が繋がった苗生産施設へ移動。

これから種を落とすトレーの土詰めをしていました。
20130131_苗生産施設1
1月末に行ったときは数は少なかったのですが、2月には野菜・花卉をあわせて60万本、3月には160万本の苗が生産されていくと聞き、凄い処理能力だなと。

順に、トレーの土にくぼみをつける機械・一度に種を落とす播種機・播種後に収容される発芽室。
20130131_苗生産施設2 20130131_苗生産施設3 20130131_苗生産施設4

発芽室内部。28℃に設定されてました。
蛍光灯は発芽時に光を好む植物向けにつけてあるとか。
20130131_苗生産施設5

育苗ハウスへ移動。
下川の農家さん向けのトマト苗も育ってました。
20130131_苗生産施設6

ここは頭上灌水で、余計な水が下に落ちるタイプの施設。
温度等のセンサーが見張ってます。
20130131_苗生産施設7 20130131_苗生産施設8


ハウス別棟へ
旭川方面の農家さん向けのレタスの苗。
20130131_苗生産施設10
こちらは、水分・養分を下のトレーに注液して浸すタイプの設備。
レーンの下にいろいろな配管が…

20130131_苗生産施設11 20130131_苗生産施設12 20130131_苗生産施設13
真冬のこの時期も、着々と仕事が進んでます。
これだけの設備の中で生産されている苗たち。我々はスタッフの方を信頼して、いい苗に育つようお任せするしかありません。
ブラックボックスだった初期の苗の様子が分かり、ようやく最初から最後まで把握できた感じ。

ちなみに、この翌日今年うちで使う最初の苗の種落としが行われて、18日に無事届きました。
いい苗でしたよ。

まぁ、しかし、年間通じて稼働している施設だけに、暖房だけでも相当なエネルギーが必要でしょうナ。
温度コントロール設備、換気設備、灌水設備、播種設備などなど、維持管理していくだけでも大変そうです。
さらに、時期によって必要な労力が異なるので、パートさん等の手配も工夫がいるようでした。



2日目は毎年恒例の札幌中央卸売市場へ
今年は札幌ホクレン青果さんを訪問。
忙しい合間を縫って市場の歴史から最新の情報まで、お昼20分過ぎまで熱いお話を頂きました。
20130201_札幌中央卸売市場へ
残念ながら、中の写真を撮ってませんでしたワ(笑)

で、一番印象に残った話。
 30年前 セリ75% 予約相対取引25%
 現 在     20%          80%
と、逆転しており、将来農産物のセリはなくなっちゃうんじゃないかとのこと。
市場というと、テレビでもよくセリの様子が報道されるので、ず~っとセリのイメージでしたが、時代は変わってるんですね。
え? そんなことも知らなかったのって?

すいません(笑)




スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

コージ

Author:コージ
2010年4月、道北の下川町で新規就農した元サラリーマンの日記。
ハウスでトマト・青ネギを、露地でグリーンアスパラを作っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
農作業 (119)
地域 (15)
ペット (23)
出来事 (13)
旅行 (24)
イベント (22)
くらし (36)
四季・自然 (62)
コンサドーレ (20)
ごあいさつ (7)
トマト (174)
新規就農 (5)
限定 (1)
アスパラガス (4)
青ネギ (4)
本 (1)
パソコン (4)
緑肥 (1)
おみやげ (1)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。