FC2ブログ
topimage

2018-10

今年の紅葉 - 2018.10.12 Fri

収穫作業も最終盤。
ハウス内の片付けと並行しながらの季節。
日中の最高気温も15℃ぐらいになって、秋も一段と深まりつつある今日この頃。


そこで今年の裏のキトウシヌプリの紅葉の様子をひとつ・・・

9月19日。一部が微妙に色が変わってきたのを感じた日。
20180919.jpg

9月22日。 まだこれからな感じ。
20180922.jpg

9月23日。1日だけど、中央やや左の山裾あたりの色合いが進んでいるような。
20180923.jpg 

少し飛んで、10月2日。さすがにはっきり変化し始めました。
20181002.jpg

10月4日。全体の色合いが変わってきました。
20181004.jpg

10月5日。いい天気。
20181005.jpg

10月6日。日に日に茶色っぽくなっていく山。
20181006.jpg

10月8日。針葉樹との色合いの差がはっきり出てきました。
20181008.jpg

10月9日。晴れると分かり易い。
20181009.jpg

10月11日。山だけでなく手前のアスパラの色も変わって来てるかな?
20181011.jpg

10月12日。ほぼピークかな。
20181012.jpg

今後は一雨ごとに葉が落ちて月末にはモノトーンに戻るんだよね。
強風の日があると一気に行っちゃうからな。

ここいらの木々は、5月の中旬に一気に芽吹く。
で、10月末には落葉するから、葉を付けている期間は5か月。
1年のうち4割程度だ。
たったそれだけの期間光合成して生きてるんだから大したもんだな。

人間も1年の4割程度の期間稼いで暮らせりゃ楽なんだけどナ(笑)
そうはいかんか。




スポンサーサイト

光陰矢の如し - 2018.09.19 Wed


ずっと放りっぱなしのブログでした。
度々アクセスしてくれていた方、申し訳ございません。


いきなり春先からすっ飛ばしですが、
もうすっかり秋です


トップに載せた裏山のキトウシヌプリは少し前から木々が色付き始めています。
まだわかりにくいかもね。
この間、台風21号の翌日に胆振東部地震&全道ブラックアウトなんて、考えてもいないことが起こったりして。
ともかくそれぞれが地道に経済を回していきましょう。


今朝も6.7℃まで下がり、朝一のトマトの収穫は手がかじかみ気味。
ハウスもびっしり朝露に濡れてます。
20180919_朝露に濡れるハウス群
何はともあれ、元気で働いてます(笑)



さっきまでトップに載せていた、麦が青々と繁ったこの写真は7月8日、
20180708_16線北1号_リサイズ

収穫が終わったアスパラ畑に堆肥を撒いた日でしたナ。
20180708_堆肥撒き
まだまだ、これから夏本番!の時期だったけど、
今年は天候がかなり異常だったのでこれまでの間、結構難儀しましたワ。


ふと気づくと、
片付けがあと1か月に迫っているではないですか。

月日が経つのがあまりにも「はやっ」・・・
まさに光陰矢の如しってやつだ。 

稲刈り始まる - 2017.09.23 Sat


超久々の更新。

生きてますよ~(笑)
病気やけがもなくぴんぴんしてます。

いや~、もう秋分の日が終わろうとしているから、大胆にも4か月近く放置!
時々訪問いただいてた方には申し訳ないです。m(_ _"m)

先日の台風の暴風により、太陽光パネルが1枚飛び(というか、外れて下に落ち)、納屋の破風板も一部飛ばされるという被害をこうむりましたが、ハウスは無事。
もちろん、人間さまの方も無事でございました。
本当に、竜巻でなくて良かった良かった。

さてさて、2月の育苗準備からスタートした本業のトマト栽培は、すでに前年を上回る収量を確保できているので、ここからの上積み分は、他の作物も含めたトータルで過去最高にできるかが勝負。

まだまだ、闘ってますよ~(笑)


トップの写真を稲穂に変えたとたんに、排水路を挟んだお向かいさんでは昨日から稲刈りが始まりました。
台風で変な被害が出なくて本当に良かったワ。

[広告 ] VPS



これから気温が下がってきて収量が落ちてくると、少しは時間ができるだろうから、またボチボチ更新できるかなと・・・

なに、怪しいってか。






変な気象 - 2016.11.09 Wed


何とかハウスの片付けだけは全部終わらせました。
備品の洗浄・清掃とか、整理格納なんかの作業はまだまだ残ってますけど。


昨日、日中から今朝にかけて気温がプラスに上がり雨も降っていたけど、
また気温が下がって強い西風に乗った雪が降りだした。
吹き溜まりができそう。
20161109_荒れ気味
鉛色の空と低い気温。
ウチはやってませんが、当地では春小麦の初冬播きができず、かなり困った状況になっています。



片付け作業に手こずった10月下旬からの気象データを確認してみた。
↓クリックで拡大
20161109_10月の日照時間@下川
まず、10月の日照時間から。
今年は82.8時間と、昨年の117.5時間と比べて7割。
データのある1977年から、100時間未満の年は1993年と2002年の2回のみ。

これらの年の翌年にかけて冬期間の降雪累計を調べると、
’93-’94冬  994cm
’02-’03冬 1,067cm 
だった。
実は2回ともそれぞれ前後の年と比べて100cm以上多い。

てことは、この冬は多くなるってか?

また、かつては、累計で800~900cm台の年が多かったのに、私が移住後の2009年から7年間の平均は614cmと、ずいぶん少ない傾向になってきている。

下川のアメダスも、どこまで信用ができるか微妙な点もあるんだけど、どうなりますか。


ちなみに我が家の11月の太陽光発電も今年が94kWhで、昨年154kWhに比べ6割と、日照時間の7割よりもさらに低く、発電に有効な時間帯に日照が少なかったようだ。



さらに、11月に入ってからの平均気温はというと、
↓クリックで拡大
20161109_11月初旬の平均気温比較
1日から8日までの数字で言うと、単純平均で6.3℃も低い。

これぢゃぁ、雪も融けないし、片付けがやりにくかったのも頷ける。

今週12日(土)以降、日中の気温が少し上がりそうな予報になってますが、偏西風の蛇行などの様子は、この期間ほとんど変わっていないので、シベリアのさぶ~い風が入りやすいことに変わりはなさそう。

小麦部会の方々は、雪上播種にするか、雪融けのタイミングを計って播くか、非常に難しい決断を迫られています。

春の雪融けの遅い当地では、春小麦を春に播いたのでは収量ががた減りで、雪の下にして冬越しさせる初冬播きは収量確保の切り札的手法なのです。
雪上播種も、播種後万一雪が全部融けると寒波にやられてしまうのと、ブロキャスで播くと畑の外にも種が飛ぶので、来年の管理が大変面倒になるのだそう。


(追加)2016/11/11

20161111_南東方向
10日は荒れて吹雪。
その翌朝。
いい天気たけど、-12.6℃まで下がる。
誰がどう見ても12月の景色なんですが・・・


ちなみに昨年11月14日の様子。
右側の小麦畑は、とっくに播種済み。
ようやく山に雪をかぶり始めた程度だった。
20151114_南東方向
いかに今年が異常なことか ┐('~`;)┌


お天道様、マジでお手柔らかに願います。








黄色い花 - 2016.05.10 Tue


GWも終わりましたが、寒くなったり、急に暑くなったり、強風が吹いたりと激しかったな。

4月26日の庭。積雪0になって10日後ぐらい。
20160426_庭

4月29日。遅い雪に覆われたクロッカス。このころ3日ぐらいは超寒かったな。
20160429_遅い雪とクロッカス

5月3日。八重の黄水仙が先に咲いてきた。
20160503_水仙

9日。夕日に照らされるラッパ水仙。
20160509_ラッパ水仙


そして、今朝の4番ハウスのトマト。
20160510_トマト
第1花房は順調に着果。第3花房まではっきりわかるようになってきた。


偶然だけど、黄色い花シリーズになっちゃったナ。
なんかホンワカするね。
幸せを呼んでくるといいね。






NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

コージ

Author:コージ
2010年4月、道北の下川町で新規就農した元サラリーマンの日記。
ハウスでトマト・青ネギを、露地でグリーンアスパラを作っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
農作業 (120)
地域 (15)
ペット (23)
出来事 (13)
旅行 (24)
イベント (22)
くらし (37)
四季・自然 (65)
コンサドーレ (20)
ごあいさつ (8)
トマト (174)
新規就農 (7)
限定 (1)
アスパラガス (4)
青ネギ (4)
本 (1)
パソコン (4)
緑肥 (1)
おみやげ (1)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

タグ

JA北はるか トマト栽培 吹雪 吹き溜まり 新規就農 紅葉 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR