topimage

2017-04

急がねば - 2017.04.06 Thu


今回、かなり強引にハウスの簡易2重化を進めておりますが、今日中に2棟できるか?

20170405_6番

予定より3日遅らせて、万全を期してるんだけどね・・・
明日、水回りの試運転やって、明後日から定植の運びにできればな~と。



20170405_なつみ1_一部開花
抑え気味にしてきた苗も、一部開花し始めてるし。
焦らず急ぎましょう(笑)



スポンサーサイト

雪の山 - 2017.03.16 Thu


冬の雪のネタもそろそろ終わるので、まとめてアップしようかな、と。

3月15日現在で86cmの積雪となってますが、上名寄は全体にもっと少ない感じ。
昨年は101cmだったから、15~20cmは少ない。
おかげでハウス周りの除雪はすべて片付いて、とりあえず農PO展張の必要なハウスはすべて終わり、ハウスの補強や、部材交換なんかの準備作業に移ってます。



2月16日の暖気で積雪が62cmまで減り、通路がザクザクになって車が「アズる」(スタックするの方言)状態になったので、べたべたシャーベットな雪を削ってバケットですくい出した山。
普段から、こうして不要な雪はこの通路部分に集めて置き、一杯になってきたら脇の畑にスノーブロワーで飛ばす。
20170217_除雪した湿雪の山
こいつがその後のシバレで氷の山となり、片付けるときに時間がかかりましたワ。


その後19日、軽く吹雪いて、せっかく除雪してきれいだったところがいとも簡単に埋まる。
20170219_吹雪の後


23~26日にかけてもっと強力に吹雪いて一気に積雪が108cmになる。
中旬から46cm増(笑)
トラクター格納庫のシャッターの下からも雪が吹き込んでるし。
20170224_吹雪の後

南西の強風が吹いたので、ハウスの北側の屋根に雪が載る。そして落ちる。
で、この通り、要・ハウス脇除雪 となる。
ちなみに吹き溜まりのある奥のほうはかなり上まで来てる。
20170226_吹雪の後

27日、嵐が去って、春めいた日差しの中で除雪。
総延長25mぐらいに伸びた除雪山が、午前中かかって左の露地畑に吹き飛ばされ、通路が確保されました。
20170227_吹雪後の除雪
我が家のトラクターにとっては、最も負荷のかかる作業。
これだけの量の雪を飛ばすと、軽油もあっという間に20Lぐらい食いますゾ。
ちなみにこの冬、除雪で使った軽油代が23,000円ほど。
もうあまりやりたくない(笑)

もっとも、人力ではとても無理。
黙って作業してくれる機械にはほんと惚れ惚れしちゃいますワ。
燃料代分以上の価値あり。
ありがたやありがたや。

その後、ハウス周りの除雪作業を行ってハウス脇は人力で除雪。
で、ハウスの農POの展張作業と繋がる。
放っておいても4月中には融けてしまう雪のためにかかる燃料代・人件費・機械の償却代。
例えば、トラクターに着けるスノーブロワーは中古でも50万、40馬力クラスの除雪機は新品なら300万ぐらいするのです。
負荷がかかる作業なので、故障による部品交換・オイル交換等のメンテナンス費用もかさみます。

これらも、雪のない半年間に1年分稼ぎ出すための必要経費なんです。






本格稼働 - 2017.03.13 Mon


3月も半ばに差し掛かっていますが、2月からのネタを・・・

いよいよ土の匂いをちょっと感じながらの仕事がスタート。
もう1か月前、2月12日に第1陣の苗を移植するためのポットに土詰め、およそ3400鉢。
共同育苗ハウスにて。
20170212_第1陣土詰め作業

つづいて、2月17日第1陣セル苗の到着。
20170217_第1陣苗到着

一晩寝かせて、翌18日にポットに移植。
20170218_第1陣鉢上げ
朝から始めて昼を挟み、午後3時ごろにはめでたく終了。
これで、ハウスが片付く10月一杯まで休みなしの管理が始まっちゃいました~。
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
この苗が入ってから3週間あまり経ち、
今日(3月13日)の様子。
20170313_なつみ1

まずまず順調かな。






あっちゅう間の10月_その2 - 2016.11.05 Sat


8月中旬からリカバリー体制をとって、手をかけてきた塩トマト。
10月上旬から最高気温が一気に下がり始めてなかなか色づかず、ヤキモキ。

10月18日。いい天気。
20161018_塩トマト最終盤
このあたりの2日間晴れて、ようやく微妙に黄色味がかってきた。
20日に全部採りました。

一方、片付けが進むにつれて増える廃棄トマト。
20161018_廃棄トマト
200kg以上はあるな。

天気の良かった日はこの辺りまでで、
20日朝に雷鳴とともに大雨。
20161020_大雨後の朝
ハウス前の通路は水浸し。
やっぱりユンボの工事はあのタイミングで終わらせて正解。


大雨の翌21日には初雪がちらつく。
白鳥がすぐ近くを飛ぶ。

[広告 ] VPS

画像が良くないですが、左斜め下に横切るのは雪です。

22日には-2.3℃まで下がり、地面の水溜まりにも初氷が。
20161022_初氷

そんな中、役場農務課より依頼があった「しもかわ野菜マルシェ」へ。
トマトを準備して参加。
寒くてお客さんが来るべかナと、ちょいと心配でしたが、
20161022_しもかわ野菜マルシェ1

前日までに採り溜めてあった状態の良いトマトを選別したコンテナ6個分が、なんと1時間半で完売となりました。
20161022_しもかわ野菜マルシェ2
地元野菜は農協を通じ、そのほとんどが札幌や関東方面に出荷される。
だから、小さな町なのに、街中に住む方々は下川の農家が何を作っているのかをよく知らない。意外にも。
質が良くても廃棄するしかなくなる作物があったり、自家用に漬物用野菜などを作っているのに、地元に流通させる仕組みがない。
農家は換金できず、消費者は遠くから運ばれたお高めの野菜を買わざるを得ない。

だったら、この時期に合わせて地場野菜を販売する機会があればいいのにと思って、3年前に役場農務課に直訴したことがありました。

当時はすぐの話にはなりませんでしたが、今年になって担当職員からやってみましょうという話があり、夏場に1回、やまびこ学園祭というイベントと抱き合わせで今回と、年2回マルシェが開かれました。(パチパチパチパチ)

このイベントは、農家でなくても、誰でも自分で作った物を、自分で値段をつけて売ることができる機会。
夏場の農家は忙しいので、ちょっくら難しいけど、この時期なら何とか都合をつけられるので、いいんじゃないのと。

始まったばかりの今は規模も小さいけど、粘り強く今後も続けていくと、何か大きな流れが来るんじゃないかと思っているのです。

近所の農家でも自家用野菜を作っているのは主にお年寄り。
じいちゃんばあちゃんが長年培った、この土地に合ったノウハウで作っている。
メインの働き手世代はなかなか時間がとれないのであまりやらず、買って食べている。

このままいくと10年もすれば技術が絶えてしまう可能性があると思うし、今はあくまで自家用だから「売りもんじゃないし」と積極的にやる人はいないんだけど、機会がなかったからじゃないかと思うわけです。
自家用に少しだけプラスして作ってもらって、少しずつでも出品してもらうようにして、面白くなってきたら熱心にやる人も出てくるかも知れない。お年寄りの生きがいにも結び付くし。
若い後継ぎ世代にも興味を持ってもらえるとなお良し、ということで。

このくそ寒い時期に、遠方からも下川産野菜を目指してやってくるくらいになれればね。



ちょっと力が入り、長くなりました。

そのあとは大急ぎでハウス内の片づけ。
20161023_ハウス片付け中
しばらく放置したせいで枯れっかれ。
各株を紐から外し、紐も回収して、残渣を外に運び出す。
その後はもみ殻をハウスに入れて起こしてハウスの巻き上げ準備を進めましたよ。

24日には積雪7cm。
20161024_多めの積雪

まぁ、でも融けるべ(笑)と、思ってましたヨ。まだ。
20161025_冬景色

作業の合間の昼食。
20161027_昼食
娘の出身校で今年企画販売した「とまとうどん」。
下川地場産のハルユタカという小麦にトマトジュースを練りこんだ、つるつるのど越しの手延べ麺。
これをパスタ風に。
モチモチの麺にウチのトマトソースとバーソーを合わせたミートソースに、フルーツトマト(赤・黄)とフルーツトマトから作ったドライトマトをあしらって。
トマトづくしで美味しゅうございました。


29日下川町民文化祭へ。
20161029_下川町民文化祭出演
毎年恒例、上名寄郷土芸能保存会のメンバーで午前・午後の2回出演。
その前の3日間、農作業後の体に鞭打って、練習とリハーサル。

流石にこの時点で、ハウスの片付けが終わってないメンバーはごくわずかに(笑)


ここまで来て焦ってもしょうがないのだが・・・
31日はまた15cmぐらい積雪。このまま根雪かと思わせるほどの"マジ降り"。
神経をすり減らされます。
20161031_本気で積雪
これにより、ハウスの屋根から落ちた雪が脇に膝上ぐらいまでかかり、すぐに巻き上げ作業ができないレベルになってしまう。

11月1日。
仕方ないので、農POを固定するバンドを縛るベースまで除雪して掘り出しました。全部で9棟分。半日がかり。

その後、雪や霙が降ったりしましたが、奇跡的に風が弱かったので、
1日・・・1棟
2日・・・3棟
3日・・・4棟
てな具合でメインのハウスの巻き上げを一気に終わらせた。
疲れマチタ(笑)
20161103_ハウス片付け
天気予報を見てるとあと1週間ぐらいかかるかと、腹をくくってたので、まさに奇跡的(笑)
過去を振り返ると、例年11月2~3日に集中して片付けている。
こんなひどい年でも当てはまるとは、巻き上げ特異日とでも言っておきましょうか。

残るは育苗用の小さいハウスと、もろもろの片付けを残すのみ。
雪と寒さに邪魔されながらボチボチやりますワ。

とりあえず、

あ~、せいせいした!




あっちゅう間の10月_その1 - 2016.11.04 Fri


また1か月放置しちゃったワ。
今年はいろんな事やってて、考えてみるにちょっと忙しい状態が続いてました。

しかし、低温で積雪が早すぎる今年は異常。
今日も雪。せっかくもう少しで融けるかと思ったらまた積もり始めました。

昨日までにようやくメインの大きいハウスは農POを巻き上げ終わったので、肩の荷が下りました。
それでも、低温と積雪に邪魔されながら、残りの片づけ作業に追われそうです。



先月からの様子を2回に分けてアップします。

10月10日の朝。
20161010_白鳥1
何でもないナナカマド。だいぶん葉っぱが落ちました。

拡大してよく見ると、白鳥が飛来してます(笑)
20161010_白鳥2
もうこの時期かよっていう感じ。


一方ハウス内は・・・
20161009_トマト
今年導入した塩トマト(塩分を溶かした液肥を施し、濃度をコントロールして糖度を上げる技術)なんですが、夏場の暑い時期に管理がうまくいかず、途中大失敗。
途中から、管理を変えてここまで復活。
最後に採れるかどうかギリギリの状態か。


大玉トマトのハウスでは・・・
20161011_片付け中1
既に、収穫終了。まずまずの収量でした。
根を抜いて、乾燥させ片付けが楽になるようにしてます。

最後に付いていた実を取り除くとこれだけ。
20161011_片付け中2
畑の脇にこそっと捨てられます。


15日。
塩トマトのハウスに供給する灌水パイプを地中に埋める工事中。
20161015_工事中1
春からずっと地上を這わせたままだったのですが、雪の下になると除雪したら引っ掛けちゃうので、先輩農家さんからミニユンボを借りて自分でやりました。2日がかりよ。
この日は暖かく、ハウスの片づけ日和。
周りの農家さんはどんどんハウスを片付けていく。
でもこのタイミングでやらないと、天気が悪くなると泥をこね回すことになるんでね。

掘るのは40m弱なんだけど、ほんとに小さい機械なのでなかなか進まない(笑)
20161015_工事中2

1日目は途中までやって、一部埋め戻し。
20161015_工事中3

2日目。ハウスに行ってる電線のパイプを交わすの図。
20161016_工事中2
気づかないで引っ掛けると、えらい面倒なことになったかも。

もう少しで終わるの図。
20161016_工事中3
埋め戻して、その上を行ったり来たりして踏み固めましたとさ。


このころまでは、平年並みぐらいか、むしろいいぐらいの天候でしたナ。
手前のアスパラもまだ青々してよく茂ってるし。
奥のキトウシヌプリは紅葉から落葉へシフト中かな。
20161017_進む紅葉


つづく

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

コージ

Author:コージ
2010年4月、道北の下川町で新規就農した元サラリーマンの日記。
ハウスでトマト・青ネギを、露地でグリーンアスパラを作っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
農作業 (117)
地域 (15)
ペット (23)
出来事 (13)
旅行 (24)
イベント (22)
くらし (36)
四季・自然 (62)
コンサドーレ (20)
ごあいさつ (7)
トマト (174)
新規就農 (5)
限定 (1)
アスパラガス (4)
青ネギ (4)
本 (1)
パソコン (4)
緑肥 (1)
おみやげ (1)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR